活々【いきいき】

新人 大林の成長記録」カテゴリーアーカイブ

雨漏り被害のご相談

安城市の工務店、株式会社ito-proの新人 二級建築士の大林です。2021年も半年が終わり梅雨明けの時期になってきましたが、まだまだ天気は安定しませんね。
梅雨の時期になると多くなるのが天井の雨漏りです。先日、雨漏り被害でビルの復旧工事を行いました。

安城市工務店 クロス張替 天井張替 雨漏り被害 雨漏れ 水漏れ 

雨漏れによる壁の被害

安城市工務店 クロス張替 天井張替 雨漏り被害 雨漏れ 水漏れ 

天井裏の様子

雨漏りの被害は放置しておくとひどい状態に・・・

RC造のビルでも天井裏から壁をつたって浸透していきます。
雨漏りによって壁紙(クロス)にシミができ、壁自体も触るとボロボロと穴が開いてしまう状態に。
コンクリートで作られた建物でも雨漏りが起きてしまいます。これが木造だと被害はさらにひどくなると予想できますね。最悪の場合には木が腐り倒壊する恐れも。

ジメジメした湿気の多い建物内はシロアリが大好きな環境になってしまい、雨漏りが原因でシロアリ被害という二次被害になる可能性もあります。
正直、たかが雨でって高校生の時は思ってました(笑)実際に建築を学んで仕事するようになりいろいろなケースの現場を見させていただきましたが、たかが雨でも侮れませんね。

「少し雨漏れしてるな~」と感じたら、ご相談やお問い合わせお待ちしております。
安城市工務店ito-proのフッ軽少年 大林がすぐに駆けつけさせていただきます。

 

社会人1年目

初めまして、安城市 工務店 ito-pro新人の大林です。

ito-proに入って早くも二か月が経ちました。時の流れというものはあっという間ですね(笑)

少し前までは、学生だったと思うと社会人としての実感がまだまだ足りないなと感じています。

そんな新人・大林の成長する記録をブログに残していこうと思います^^

仕事を覚えている段階ですが、学生時代に取得した二級建築士と二級建築施工管理技士の知識を活用できるように現場に連れ出してもらっています。

今回は、現場管理の仕事として豊川にある住宅のリフォーム工事をさせてもらい、右も左もわからないまま先輩社員にサポートしてもらいながら頑張っています(汗)

授業の中でしか聞いたことなかった用語が実際に現場で聞くと「習ったやつだ」と新鮮な気持ちになりますが、教えてもらってやっと分かる程度ではまだまだです。

今日はお施主様の仕事で使う大きな機械をリフォーム後には一階作業場に入れるため窓枠サッシを取り外しに行きました。

安城市 工務店ito-proの代表は元大工という職人の腕を持っています。ito-proでは元大工やサッシ屋など専門的知識を持ったスタッフが揃っているので工事も自分達でできることは多いです。工務店 リフォーム工事 サッシ取り外し窓枠サッシを取り外す代表と先輩

お二人が作業している時にどうやったら綺麗に取り外せるのか、サッシの構造を理解して、ここをこうしたらいけるよ!など意見を話し合いながらどんどんと取り外されていきました。

阿吽の呼吸で進めていくお二人の姿をこっそりと撮りました(笑)

リフォーム工事のさわり部分なのでここからどんな姿に変わっていくのか非常に楽しみです。