作成者別アーカイブ: Masaito

水回り(キッチン ユニットバス 洗面化粧台 トイレ)の選び方  パナソニック工場見学へ

こんにちは。株式会社ito-proのインテリアコーディネーター兼住まいづくりアドバイザーのTOMOです。

 

昨日ito-proのみんなでパナソニック幸田工場を見学させてただき、あらためて住設の選び方の大切さを感じ久々のブログです。

↓みんなで巨大アラウーノの前でパチリ!

kyodaiarauno

 

住設というのは、住宅で使う機器のこと。一般的にキッチン、ユニットバス、トイレ、洗面化粧台、給湯器などをさします。どれもほぼ毎日使う生活にはかかせない設備です。

 

新築戸建て、リフォームどのお客様にも「キッチンはどこのがいいですか?」「お風呂は?」「トイレは?」とよく聞かれます。国内メーカーだけでも何社もありますし、一社だけ見ても何種類も商品がありますので、お客様が悩まれるのは当たり前です。

 

その問いに、「これがいいですよ」の自分回答は、今後何十年もお客様が使われる住設になる可能性が高いわけですから、下手なことは言えません。自分の商品知識、また、知識だけではなく、お客様によって違うご家族構成、生活スタイル、もちろんご予算も踏まえた上でご提案できる自分でありたいなと思います。

今回お邪魔したパナソニック幸田工場さんでは、トイレのアラウーノをメインに製造されてました。実際工場内に入り、アラウーノが出来上がっていくリアルな過程を見させていただきました。キレイに整理整頓され、無駄のない動きでなんて美しい組立作業。丁寧ってステキ(*´ω`)

やっぱり日本の一流メーカーですよね。

 

また工場内には、パナソニック自慢のユニットバスの酸素美包湯に入浴できたり、キッチンも換気フフードの比較ができたりトイレの排水トラップの仕組みなど詳しく見学できるようになってました。

インターネットを覗けば、いろんな情報が手に入る今ですが、こうやって自分の目で見て、触って実感した情報をお客様にお伝えすることも、私たち造り手の役割なんだと思います。

 

次回のブログで今回の見学を踏まえて「パナソニックのシステムキッチン」について書こうと思います。

 

 

 

店舗 リフォーム リノベーション 安城市

安城市で店舗リフォーム リノベーションを得意としていますito-proでございます。

今回の店舗リフォーム、リノベーションは安城市美園町にてのクリーニング店のリフォーム、リノベーション工事です。

施工:ito-pro

design:Grand

安城市 ホームドライ

店舗のリフォーム リノベーション 施工事例 看板

店舗のリフォーム、リノベーションはデザインでインパクトを与え,一見さんを集客する事が大切です。やはり看板は大切です。

安城市 店舗のリフォーム、リノベーション

安城市の店舗のリフォーム、リノベーションの施工事例

よりシンプルに見せる為の努力、材の使い方や色合い,仕上げ素材を非常に大切にする気配り、Grand designの要望を施工し形に仕上げるito-pro

(安城市 店舗のリフォーム、リノベーションはito-pro Grandにお任せ下さい。)

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗リフォーム リノベーション

店舗のリフォーム リノベーションを各社で検討している方々へito-pro Grandへ是非お問合せ下さい。

ito-pro

Grand

現在の日本住宅産業の深刻な問題 職人不足

ito-pro伊藤でございます。

先日、とある一般社団法人からアンケートが届きました。

アンケートに対し回答をさせて頂きましたが、やはり職人不足に対して非常に深刻な問題になっている様です。 確かに、今のままでは職人になりたい人材が減っていきます。

今回アンケート用紙の封筒に私なりにまとめた手紙を添えさせて頂きました。

以下、私が送った手紙の内容です。

 

 


 

この度、アンケートという形を私共、工務店に送って頂きましてありがとうございます。

私共の小さな会社の声が行政に届くことを期待しております。

職人不足について

私も18歳で大工の小僧で24歳で独立後から29歳まで工務店の下請け大工をやっておりました。

地元工務店、大手住宅会社から最低の賃金で発注で請負、時には朝6時から夜中の12時まで働いた現場で請負金額÷日数で換算すると一日1万円くらいにしか稼げない現場も何度かありました。(時間を考えるとコンビニアルバイトの方がどれだけ給料が良いか・・)

正直、そんな中で新たな人材を雇う事も出来ないし、嫁からも収入が無いのなら大工なんてやめて欲しいと言われておりました。

 

 

高校卒業から大工しかしていなかった私は建築から離れらませんでした。

29歳の時に、このままの建築業界じゃ駄目だ、いつか自分が変えなきゃ駄目だと思い、一旦自営業をやめて大工さんが元請け工事をしている会社で監督、営業として働きました。

働いた先は一応は株式会社でしたが、会社員なのに国民健康保険、労災は無し、現場まわりの車もガソリン代金も自分持ちの会社、今で言う非常にブラック企業でした。

(賃金の条件も悪く、結局は家庭も崩壊)

3年我慢し大工以外の事を勉強し、独立し今の会社を立ち上げ、職人さんには沢山のお金(賃金)が払える様に努力していますが、周りの工務店、建築会社、大手メーカーが職人さんに対する考え方が変わらない限りは職人不足は解消されないと思います。

 

 

弊社では大工さんに最低賃金 一日2.5万円(経費込)の保証はしてあげる様にしていますが私どもの愛知県安城市の建築会社の殆どが2万円~1.8万円(経費込)を大工さん賃金目安としています。(弊社は利益を削って大工さんに賃金を払っています)

隣町の岡崎市では1.8万、蒲郡市は1.8万以下 1.5万という言葉も聞きます。(経費込価格)

一人前の大工さんが1.8万円では若い人材を育てる余裕がありません。ましてや言葉の通じない外国人は難しいはずです。

ほとんどの大工さんは工務店から請負で仕事をしている為、時間に余裕が無く1年程の経験者大工さんでも一人前の職人さんの一日の作業能力は半分も届きません。1/3程度でしょう。出来高で払うと、一人前の大工さんが1.8万円なら6千円しか払えません。

6千円の日当では20年前の見習いの価格です。ブラックと叫ばれ、SNSにあげられる今の時代です。

 

坊主丸儲けではなく、大工丸儲けの時代を行政が対策してあげない事には大工人材不足状態を解消できない事と思います。

『暑い、寒い、きつい・・・けど儲かるし保証もある』 そうなれば若い人材も育てられる時代にはいれる事でしょう。

私も高校卒業後に大工はサラリーマンより儲かると勘違いし吹き込まれ大工になりました。

(現実は違いました)

勉強できないから足場職人、土木職人、大工職人になる時代になっています。

下手すると未だに『怪我と弁当はテメー持ち』の言葉が残っている業界です。

私達の様な職人さん思いの工務店だけで何とか変えれる状況ではありません。

 

2020年問題、2030年問題で建築業界は変わろうとしている今だからこそ、職人さんに憧れる若者を増やす対策を我々が協力しなければなりません。

 

どうか、こんな小さな工務店の意見が少しでも行政に届くことを願っております。


 

 

営業所:愛知県安城市里町証文山84-1

T.0566-91-6833        F. 0566-91-6834

masa@ito-pro.com

株式会社 ito-pro 代表取締役 伊藤昌悟 (イトープロ イトウマサノリ)

住宅 増税前の駆け込みは得しない

ito-pro 代表の伊藤でございます。

増税前に建築会社に駆け込まされていませんか?

増税前の方が得をすると思っていませんか

もし駆け込みを建築会社から斡旋される様なら、その建築会社とは契約は考えなおした方が良いのでは?

※以下、添付資料については各個人年収によっても違いはあります

住宅 増税駆け込み 得はしない

住宅 増税駆け込み 得はしない

お客様の損、得を考えてみると消費税の8%も10%も住宅に関しては対して差は生まれません。ただ、本当に駆け込んでよいのか

今回の増税に関しては駆け込みと落ち込みを防ぐ為、政府は対策をしてくれています。

この職人不足の時代に駆け込んでみると金銭以外の損があるかもしれません。職人さんのレベルは良い人と悪い人で格差があります。

大手住宅会社等は基本、物件が多いと誰でも良いから職人を探します。職人さんのレベルを問わずに不人気の職人さんでも働けます。 大手等は安い賃金で職人を集めた結果、特に職人の技術次第で仕上がりに差が出ます。

本当に増税で金銭的にもメリットが無いのに駆け込まされてしまっても良いのでしょうか?

建築は1週間分の飯を1日では食べられません。駆け込みは寄せ集め職人で仕上げる可能性が無きにしも非ず。

本当に駆け込ませて良いのか?

駆け込ませている建築会社の営業マンは一生のお付き合いを考えていないんだよなぁと、つくづく感じます。

 

増税の駆け込みは色々な面で損をします。

 

株式会社ito-pro

代表取締役 伊藤昌悟

 

 

 

ito-proが推進する兵庫県姫路市の建築会社

高性能 デザイン住宅 フォレスト株式会社

仕事始め 2019年

あけましておめでとうございます。

本年もito-proスッタフ一同をよろしくお願いいたします。

本日1月7日よりito-proは仕事始めとなりました。

ito-proでは毎年仕事始めにお千代保稲荷のお参りと安城市里町の不乗森神社の神主様に事務所に来て頂き、神棚へ新年の挨拶をして頂いております。

この流れで仕事をした5年程は非常に仕事の流れも良く、良い事は続けようと考え続けております。

お千代保稲荷ではお参り後にスタッフで鰻を食べる事も続けています。

新たな気持ちで迎える仕事始め、美味しいものを食べスタミナをつけて一年間頑張っていきたいと思っております。

 

2019年は再び新たなお客様にも出会う事でしょう。楽しみです。毎年の様に増えるお客様、一生のお付き合いになる方も沢山おられる事と思っております。

2019年もお客様を大切にする事により2020年のお客様につながる事でしょう。

スタッフ一同、2020年、2030年のお客様が増える事を願いながら2019年を一生懸命に頑張っていきたいと思っております。

 

代表 伊藤昌悟

仕事始め

仕事始め

2018年の運び スタッフへ感謝

ito-pro伊藤でございます。

2018年もいよいよ残り10日程となります。

2018年ito-proでは事務所の移転があり、新たな気持ちで動き始めた一年でした。2018年は新築工事も毎年のように7現場を着手しました。リフォーム工事、修繕工事は増加傾向で140現場程です。売上は前年よりも増加と見込んでおります。

 

気が付くと2017年1月の時よりも社員は2名の増加をしています。

ただ決して募集はかけていません。2名の増加もito-proで家を作られたOB客です。ついこの前までお客様だった方々が2名ito-proのスタッフになりたいと言って頂いた事は私にとっての自慢話でもあります。OB客が実際に社員になる事で会社事情も知られてしまいますが、隠すことは何もありません。入社まで至ってくれる事に感謝です。

口コミ、紹介、リピートでのお客様の増加、毎年沢山のお客様が増えています。対応しきれなくなりそうかなぁって頃に縁があり社員が入ってきます。取引業者も驚く程の顔触れメンバーが揃ってしまった事に私自身が一番驚いています。

ito-proの一番の売りはチームワークです。非常に仲の良い仲間です。

私も先々、スタッフ一同と明るい10年後20年後を想像しています。

2019年も増え続けるお客様に私達が一丸となって対応していく事をお約束させて頂きます。

ito-pro事務所

ito-pro事務所

職人不足 質の悪い職人さん達にも仕事のある時代

ito-pro 代表の伊藤でございます。

今や職人不足の声が飛び散り、職人募集、協力会社募集を掲げている住宅メーカー、建築会社が沢山目に付きますが、そんなにしてまで職人さんが欲しいですか?

誰でもいい時代に突入です。

大手建売会社、住宅メーカーは昔から誰でもいいからって風習はありました。しかし私達、工務店は職人を選びます。

私も大工職人の一人です。自分の会社の物件に対して凄く技術の劣る職人さんなんかに仕事をして欲しいとは思いません。

お客様も時代の流れなのか、どうしてそこの建築会社を選んだの?って思ってしまいます。建築会社の事務所に、思いっきり協力業者募集が書いています。大工さんを募集しています。ただの軽い面接だけで、お客様の一生の買い物と言われる住宅に技量も図らず発注してしまいます。

凄い度胸だなぁと関心してしまいます。

 

職人さんは技量、人間性で天と地ほどの差が住宅に表れてしまいます。

現場監督だって工事中にずっと現場にはいられません。

 

仕事をもらい過ぎて、職人を探す 現場監督を探す 現場監督が増えたから仕事を増やす。。終わりのないサイクルに突入です。何処かでブレーキをかけないと、山手線ゲームになってしまいます。山手線ゲームにはいつか終わりがきてしまいます。

パンパン♪  腕の悪い職人さん  パンパン♪  クレーム   パンパン♪・・・・

 

ito-proはマイペースで新築物件は年間10棟以下しか受注しません!

ito-proは地域の工務店です。大切なお客様の緊急の修理等を対応出来る様な体制は常に空けておきます!

 

今後も職人募集は募りません。自然と職人が集まる会社でありたいです。

株式会社ito-pro 代表取締役 伊藤昌悟

 

安城市 注文住宅 ほぼ平屋作り

安城市で注文住宅を得意とする建築会社 ito-proでございます。

安城市で、ほぼ平屋建ての新築住宅が外構を残して完成となりました。

私の言う、ほぼ平屋とは、屋根は一階部分から繋がっていますが小屋裏の様な2階がある物件です。今回の物件の写真は改めて掲載させて頂きますが、ごく一部を掲載させて頂きます。

 

ほぼ平屋建てのリビング

ほぼ平屋建てのリビング

ほぼ平屋建てのリビング

ほぼ平屋建てのリビング

ほぼ平屋建てのリビング

ほぼ平屋建てのリビング

ほぼ平屋建ての外観

ほぼ平屋建ての外観

また、完成写真をプロのカメラマンで撮影も行いましたので、データーが届き次第で掲載させて頂きます。

今回の物件の見どころは、仕事をする奥様の為の水周り間取りの位置関係、吹き抜けリビング、ボルタリング壁、吹き抜けのトレーニングルーム等です。

仕事をする忙しい奥様の為の間取りはキッチン~家事室~洗面~WICLの同線が非常に面白くできています。

ito-proは安城市で注文住宅を得意としています。

お気軽にお問合せ下さい

 

台風被害 保険 お見積り 安城市 刈谷市 岡崎市

今年の台風は記録的な猛威を振るいました。

私達、工務店は非常に台風に振り回されています。

台風被害による修理が順番になっています。

 

被害に遭われた方々からの問い合わせで、台風翌日からスタッフで手分けで順番に周りました。ほとんどの方々が火災保険に加入されていましたので、保険申請のお手伝い迄させて頂きました。

中には、火災保険が使える事を知らずに現金で払おうとしている人まで、台風被害は立派な風災で、火災保険の対象になります。保険の内容にもよりますが、カーポートまで修理が出来ます。

台風被害 瓦

台風被害 瓦
保険適用 可能

台風被害 瓦

台風被害 瓦
保険適用可能

台風被害 倉庫屋根

台風被害 倉庫屋根
火災保険適用可能

台風被害 倉庫屋根

台風被害 倉庫屋根
保険適用可能

台風被害 カーポート

台風被害 カーポート
保険適用可能

色々な被害がありました。中でも屋根が暴風で飛んだ現場が一番の被害でした。

せっかく加入した火災保険、やはり使わなければもったいないですね。

今回、台風被害の見積もりをどこに頼んで良いかわからない方々が人を通じて沢山と携わらせて頂きました。可能な限り対応させて頂きました。エリアは安城、刈谷、岡崎等での被害が大きかった様です。

私達工務店は近隣の方々が困っている時に直ぐに対応できる事が理想です。

勿論の事、台風以外の工事も受け付けております。