活々【いきいき】

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2017年 謹賀新年

2017年 謹賀新年

2017年が始まりました。そして今年初ブログです。

沢山の出会いのあった2016年でした。私事ではありますが2016年、2015年と地元の同級生と中学以来の再開が沢山ありました。

今年で厄年を迎えます。厄年会の結成の為に昔懐かしい同級生との再開です。20年以上さかのぼった話が非常に楽しくて、皆は非常に老けてオッサンだなと感じさせてくれますが私だって同じ様に老けてオッサン化したのだろうと思います。でも酒を交わしながら懐かしい話に花を咲かせていると・・・皆中学時代の顔と何ら変わらない気がしてきてしまいます。同級生って不思議と警戒心無しにどっぷりと自分を表現出来てしまいます。

私だけでなく皆も同じだと思います。同級生って良いですね。心よりそう思えます。

 

2017年、今度はどんな出会いが待っているか非常に楽しみですね。私は色々な人に携わり関わり、人に救われて今があります。一人では何も出来ません。気が付けばスタッフも増えて社内は雰囲気が非常に良いと感じています。職場が大好きです。スタッフも同じように思えていたら私は幸せですね。

2010年に株式会社へと起業して気がつくと8年目を迎えます。学校の様な同級生の様な部活動の仲間の様な信頼関係で結ばれる会社が出来る事が私にとって目標でもあります。その中で私はキャプテンをやっているだけと思っています。

キャプテンはチームの雰囲気、戦略、信頼関係を築く為のトップだと思っています。キャプテンは常に前を向き、目標に向かって先陣を切る事、皆に気遣う事が仕事です。2017年もチームのキャプテンとして模範となれる様に尽させてもらいたいと思っておりますので、チームito-proをどうぞ宜しくお願い致します。

 

株式会社ito-pro 代表取締役 伊藤昌悟

安城市 古民家再生を得意としております。

安城市で古民家再生 リフォーム リノベーションを得意としております。

株式会社ito-proです。

ito-proでは毎年沢山のリノベーション、リフォーム、古民家再生等の工事を受注しております。施工事例もブログホームページを見て頂ければito-proのデザイン性等を理解頂ける事と思います。

古民家再生、リノベーション、大規模リフォームにおいて一番大事なのは職人の技術です。間違いなく大手メーカーには出来ない仕事だと思っております。

安城市で古民家再生 リノベーション リフォームを得意としている弊社では職人さんも厳選しており、大手メーカーの大工さんとは全く技術が違うと実感しております。リンオベーション 古民家再生では古い大工さんの技術をしらないと大変な事になってしまいます。手刻み、墨付け等を経験した職人ならではの仕事だと自負しております。

ito-proでは代表の伊藤も大工です。もちろん墨付け刻み仕事をしてきた大工です。昔の仕事を理解していないと思わぬアクシデントに立ち向った時に知恵がいきます。昔の建物を再生させる為には知識、知恵が無ければできません。

ito-proの職人では代表の伊藤が選んだ職人さんだけが残っております。

大手メーカーの職人さんでは弊社の仕事は難しくてついてこれない事と思っております。工務店ならではの仕事を見せれる事と感じております。

リフォーム、リノベーション、古民家再生は株式会社ito-pro迄お問合せ下さい。

 

安城市設計事務所

デザイン設計 安城市

リノベーション安城市

安城市リノベーション

新築受注棟数に制限を設けている理由

ito-pro 伊藤でございます。

良く聞かれてしまうので、再び配信しますが新築受注棟数に制限を設けております。

何故? もったいない やる気ある? 儲ける気はある?

等々・・・皆さん言いたい放題です。(笑)

こちらにも考えはしっかりと持った上で配信してまで決めているのです。

逆に『無制限!』『なんぼでもやりまっせ!』 って言われたら大丈夫かなと心配になります。ただ、ほとんどの建築会社は『なんぼでもやりまっせ』って会社さんが多いようですね。理由は明確 営業マン個人の歩合の為、会社の利益の為ですね。

増税問題の際にもお客様をあおって、買わせる。。契約を強引にしてしまう。

私は人間が、そんなにがめつくなってしまっては、本当に良い住宅を作れなくなってしまうのではとも思っています。

年間に会社が無理なく円滑に経営出来れば何ら問題が無いと考えております。

毎年沢山のリピーター、ご紹介の方々が来てくれる工務店になれたのだから、私達はそれに応える事の出来る工務店を目指さなければなりません。

目先の利益にとらわれてしまうと、せっかくの社員(家族)までもが目先の利益目的で動いてしまう人間になってほしくないとも思っております。

 

毎年沢山のリフォーム、リノベーション、修理、新築住宅の注文を頂いております。

紹介、リピーターが90%でインターネット、その他のお客様が10%程度の割合で年間100現場以上の受注を頂いております。新築受注頭数の制限を解除してしまうとリピーター、紹介のお客様方々にご迷惑をかけてしまう恐れもあります。弊社は小さな工務店の為に少ないスタッフ数で沢山のお客様に満足して頂く為に新築受注棟数に制限を設けさせて頂いている事にご理解頂けたら幸いです。

 

株式会社ito-pro

代表取締役 伊藤昌悟

0120-35-4109

安城市設計事務所

安城市リノベーション

リノベーション安城市

刈谷市リフォーム

リフォーム 刈谷市

岡崎市リフォーム

リフォーム岡崎市

安城市デザイン設計事務所

断熱改修工事 省エネ改修工事 エコリフォーム 安城市

断熱改修工事 省エネ改修工事 エコリフォームをご検討の方は是非、安城市のito-proへご相談下さい。

安城市で断熱改修工事 省エネ改修工事 エコリフォームを得意としております。

断熱改修工事 省エネ改修工事 エコリフォームをご検討の方々で工務店選びに悩んでおりませんか?弊社はもちろんエネルギー計算も自社で計算できる工務店です。

断熱性を高めたい、冬の寒さ対策、冷暖房の効率、電気料金の節約をご検討の方は安城市のito-proへご相談下さい。安城市の工務店でもエネルギー計算を自社で出来る工務店は少ないと思います。ito-proでは代表の伊藤がエネルギーエージェント資格を持ちお客様の家の状況でのエネルギー消費計算を算出する事が出来ます。

電気料金の節約には是非、断熱改修工事 省エネ改修工事 エコリフォームをご検討下さい。助成金、補助金の申請迄、弊社が承ります。

安城市弁天町5番2号 株式会社ito-pro TEL0566-(91)6833

masa@ito-pro.com

担当:伊藤迄

安城市 エコリフォーム

安城市 断熱改修工事

安城市 省エネ改修工事

安城市 設計事務所

安城市 デザイン設計事務所

安城市リフォーム

安城市デザイン住宅

安城市の住宅デザインはリフォームも新築もリノベーションもito-pro

安城市で住宅デザイン リフォーム リノベーション 新築注文住宅を手がけております。

株式会社ito-pro 伊藤でございます。

毎年沢山のご依頼を頂いき年間120現場ほど受注させて頂いております。

小さな修理工事から注文住宅の新築工事まで幅広く行っております。

リフォーム、リノベーションのニーズも沢山ございます。築年数の古い建物のリノベーション、マンションリノベーションの数々を年間に受注しております。

施工事例も沢山ございます。弊社事務所にてホームページに掲載出来ない写真等も沢山ございます。

是非、弊社にご相談下さい。

注文住宅

リビング 注文住宅

リノベーションリビング

リノベーション リビング

店舗内装

店舗内装

ito-pro

ito-pro

店舗内装

店舗内装

外構工事

外構工事

マンション リノベーション

マンションリノベーション

住宅リノベーションン

住宅リノベーションン

施工は弊社の厳選された職人集団で行われます。

職人さんの質を非常に大切にしております。

デザインだけで職人の質が悪ければ数年後には答えが出てしまいます。

大切な住宅をリフォーム、リノベーション、建て替えを検討される方は是非ito-proまでお越し下さい。

株式会社ito-pro

0120-35-4109

 

何故この仕事をしているのかを考えた事はありますか

ito-pro 伊藤でございます。

今日のブログのタイトルは『何故この仕事をしているのかを考えた事はありますか』と皆さんにも自分にも聞きたいし再確認したい。

子供の頃は運動が好きでプロのスポーツ選手になりたかった。それが野球でもサッカーでも何でもよかったのに・・・結局はito-proです。一応、プロか(笑)

昼のコンビニの駐車場で沢山の仕事をサボって寝ているサラリーマンを見かける。

前の日に飲みすぎたのか?またはやる気スイッチが入らないのか?

サボっていなく待ち合わせの人、次の打合せまでの、時間つぶしだったりの人もおられると思います。

自分の仕事は自分にとって天職だと言える人はどの位の割合でいるのだろうか?皆さんに聞きたいです。

皆は何の為に働いているのだろう?生活の為、家族の為?趣味の為の費用集め、夢の為とか色々な答えが返ってきます。仕事は好きですか?好きと答える人の割合はどのくらいだろうか?

 

私も5月で40歳になりました。何歳まで働けるかはわかりませんが楽しんで仕事が続ければ幸せです。

仕事を楽しむには、どうしたら楽しくなるのかは自分次第だと思っています。仕事がつまらない方は自分で楽しい雰囲気を作る事が苦手ではないのかな?楽しむ為には、楽しくするには喜怒哀楽を表に出す事も大事だと思います。大声で笑う、喜ぶ笑う、喜ぶに限度はいりません。ただ大声で笑う時は場所だけわきまえないといけませんが

『怒』は一瞬で終わらせて下さい。『怒』は人を落してしまう事もあります。気を付けないと・・・

『喜』と『怒』は同じ空間にいる人の雰囲気まで変える力があります。『怒』は周りの人を悲しませたり、人を嫌いになってしまう事もあります。『喜』は周りを和ませ楽しませる力があり『喜』を上手に出来る人は人に好かれます。 喜→楽 怒→悲

仕事中に怒が毎日の方を見ると嫌いになりそうです。部下の出来が悪いのは上司のあなたに『怒』が強く部下が悲しんで仕事をしているからではないのでしょうか?

悲しみより喜びを与えてあげたい。 部下を褒める。部下の良い所を探して伝えるだけで喜ぶ。それだけで部下のレベルが上がる。自分のレベルも上がる事に気づくでしょう。

 

私は何の為に働いているでしょうか?私、伊藤は自分自信が喜ぶ事が好きで、楽しく過ごしたく今の仕事にありついている気がします。人に喜ばれると自分は楽しくなる。喜びの追求が家作りの基本だと思います。

過去に震災ボランティアに行ったきっかけは 『哀』から始まり、こちらが誠心誠意をもって被災地で手伝うと『喜』の顔が見れる。もっと深く入ると笑いが起こり『楽しく』なる。 やっぱり怒りはいりませんが必要ならば一瞬で終わらす様に心掛けたい。 本来は『哀』もいりませんが『哀』から始まる事もあるようです。

とりあえず、私自身は『喜びたくて』『楽しみたくて』ito-proにたどり着き、『ito-pro』は私にとって天職です。

リノベーション クオリティーを追求

ito-pro伊藤でございます。

リノベーションのクオリティーを日々追求しております。リノベーションとは再生です。

古い住宅の再生が出来るだけで、リフォーム店の差別化につながる事と思っております。私が大工の頃より20年間で沢山のリノベーション現場に携わっております。

リノベーションのクオリティーを高める事、建築の技術を高める事、よりお客様に満足が得られる事にを20年費やしてきております。

 

最近増え続けるリフォーム会社との差別化はリノベーションの提案、正確なお見積、的確なアドバイス全てにおいてリノベーションを20年前から手がけている私、伊藤proと他社営業マンでは差が出るはずです。差別化につながる事でしょう。

私の今後の課題は若い人材にリノベーションの基礎、基本、経験を積ませ伝え育てる事と思っています。ito-proでは若い人材を育てたく募集もかけております。

以下写真は2016年2月完成物件の事例写真です。

IMG_4758

 

IMG_4757

 

IMG_4756

IMG_4755

築25年程の木造住宅をリノベーション

とてもリノベーションとは思えないほどのクオリティーの高さです。リノベーションは壊す前に内部がどのようになっているかを想像する勘が必要です。20年間、古い建物と付き合って向かい合った大工ならではの提案をさせて頂きました。

リノベーションをご検討される方は是非

株式会社ito-pro迄

masa@ito-pro.com

 

安城市コインランドリー

名古屋ケータリングサービス

西尾市 住宅リノベーション リフォーム 施工事例

住宅リノベーションを得意としております。株式会社ito-pro伊藤でございます。

先日完成しました。西尾市住宅リノベーションの施工写真を投稿させて頂きます。

IMG_3763

リビングの様子ですがTVは60Vを壁かけへと下部にDVD棚

エイリアンとプレデターも飾られています。

IMG_3761

別の角度のLDKですが畳コーナーがあり下部には引き出しになっております。全て造作により大工さんが手がけております。

IMG_1259 (1)

寝室の様子ですが腰板に見えますがクロスにより貼り分けが出来ています。見切りとしてトリムを用いておしゃれにデザインされております。カーテンはシェードで雰囲気演出です。

IMG_3766

ウォークインクローゼット内部の写真です。

IMG_3765

安城市、刈谷市等のリフォーム リノベーションは是非ito-pro迄お問い合わせ下さい。

近日の出来事 時代は変えられないのか?

ito-pro伊藤でございます。

最近の出来事で非常に苛立っております。

弊社の仕事を頻繁に手伝ってくれる大工さんがいます。気が良くて人気のある若手大工さんです。

彼が弊社ではなくて他社の建築会社の二次下請け会社から頼まれ建前(木造の骨組みの建て方)作業に行った日の事です。

彼は作業も夕方に一段落し掃除、片付けにさしかかる頃、気が緩んだのか不注意で建物の3階部分から地上迄 転落!

偶然なのか運が良く足からの着地

片足はありえない方向に曲がり、もう片足はパンパンに腫上がり・・・周りにいた人たちで病院へ運んだとの事です。

怪我は全治2週間、幸いにも骨折は片足だけで、手術を後日に行うとのこと

ただ、許せないのが元請会社も二次下請け会社も労災の適用を避け、知らん顔らしい。

彼はこの先、約2ヶ月間位は仕事も出来ませんが収入すら保障がありません。

昨年の暮れに彼女との結婚に向けて2人でアパートを借りたばかり・・・今は子供がいないから共に働けていますがもし子供がいたらどうなのか?

多分、そこの会社も二次下請け会社も・・・知らん顔ってのが想像出来ます。

 

彼、大工さんは非常に性格が良くて、元請や二次下請け会社には気を使い労災の適用すら求めないし知らない顔された事に対しても怒っていないと思います。

この先に収入が無くても彼は自分を責めるだけ・・・そんな彼がとても可愛そうです。私に出来る事があれば何かしてあげたいと思っております。

 

私も18歳で大工になった頃に親方等の職人さんは言っておりました。

『大工の鉄則』『怪我と弁当はテメー持ち』って・・・

が今は時代がちがいます!

知らん顔をしている元請と二次下請け会社に言ってやりたいです!

『使わない、使いたくない保険なんかやめちまえ!』

『保険を使うのが嫌なら元請なんかやめちまえ!』『二次下請けなんかやるんじゃねー!』

 

ito-proも元請をやっております。弊社も沢山の保険料を払っております。

取引業者、社員等にはいつも言っております。ito-proの現場での怪我やito-proの現場が原因で病気になってしまった場合は直ぐに言って欲しい。隠さずに正直に言ってもらえれば保険を適用させて頂きますと

熱中症でも対象です。入院期間、通院期間の費用や一日の微々たる金額ですが給与も保障対象になっています。お金払ってるので、何かあった場合は遠慮しないで言って下さいと・・・

以上が今の現代の企業と言う物ではないのでしょうか?

元請をやる以上下請けさんの保障まで面倒を見てあげる事が本来の姿だと私は思っております。

 

が・・・中途半端に会社が大きいと労災は使いたくない、少しの怪我は隠したいって・・・そんな工務店が結構ある事自体に腹が立つ今日この頃

 

二次下請け会社も儲からないのは解りますが間に入る以上ましては株式会社ならば労災はもちろんその他傷害保険等は加入して現場へ入る方々へ自ら適用して欲しい。

 

以上・・・今日は思わず身の回りの出来事にいらだってしまいブログを書いてしまいましたが

今後は私が時代を変える様な影響力のある工務店となり、目指して行くことを誓いたいと思います。

 

それでは、後日大工さんのお見舞いに行ってきます。

株式会社 ito-pro 代表取締役 伊藤昌悟

 

安城市 木造住宅 家を建てる 相談

安城市で木造住宅の新築工事 リフォーム工事を得意としております。

安城市の株式会社ito-pro 伊藤でございます。

全国の今後、家作りを検討されている方々へ

家作りにおいて大切なのは資金計画ですね。

住宅ローンの無理な借り入れ、無理な返済計画だけは避けて欲しいですね。

借り入れが出来る額と返済の出来る額は違います。安全なラインで返済、年に一度や二度の家族旅行くらいは行けて、貯金も大切ですし、子供の学費等さまざまな事を考えながら住宅ローン計画を立てて欲しいと願っております。(弊社は、そんな計画からのお手伝いも行っております。)

 

家を作る為の相談、順番は皆さんさまざまです。先ず住宅展示場からとか知り合いの設計士さん、工務店さん等に相談と人それぞれ窓口が違います。

 

仮に私がito-pro以外で家を建てるとすると・・・愛知県以外で家を作る過程で

私ならば先ず、建てるエリア地域の工務店を探します。

工務店の社長と話をしてみたいですね。工務店の社長でもあまり現場の状況を理解していない社長の工務店は嫌ですね。社長の目が行き届いた工務店から話を進めます。

どの様な家を作っているのか、監督とも話してみたい。現場を見せて頂き大工さんともお話が出来れば最高です。社長+監督+大工さん・・・後は価格も大切ですけどね。

家を建てる事 社長と監督と大工さんが良ければ、そこそこの住宅は出来る事と思います。

私の場合そこに営業マンは必要ありません。調子が狂ってしまうだけです。見たいものが見れなくなって知りたい物が違うく見えたり・・・ 本当の現場の声を聞かせて頂き、職人や監督の人柄で決めたいですね。

 

私が工務店を選んだ理由

私も工務店を経営しておりますが 家の丈夫さは どこの工務店やメーカーも大して差はありません。

大手と小さな工務店での違いは? 年間件数の少ない工務店の方が職人を厳選出来ている事、私が家を購入の際に払うお金が中間マージンが少なく職人さん達に届きやすい事。その分技術、手間、気持ちを込めて現場に携わって頂ける事が最大のメリットだと思っております。

 

木造在来軸組み構造、重量鉄骨構造、鉄筋コンクリート造、プレハブ構造とかいろいろありますが

それぞれにメリットデメリットがあります。耐震、コストが気になる事と思いますが

私は総合的に見ても住宅なら木造を選んでしまいますね。

 

家を作る時、工務店を決める際に勇気が必要かもしれませんが最後は工務店さんの色や人間性を見極めるだけで、きっと良い家が出来る事と思います。

伊藤昌悟

 

建前

建前

建前の様子

建前の様子